なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
308CCマイナーチェンジの変更点(AT&エンジン編)
実は、前回のレポートは自分のクルマの馴らし中だったので3,000rpm以上は回していませんでしたが、馴らし運転も終わったので、レポートを再アップします。

前回違いが判らないと書いたエンジンですが、回すと明らかに違います。マイナーチェンジ前後で最大トルクは変わりないのですが、最大出力が140ps/5,800rpmから156ps/6,000rpmへ高回転型に変わっています。パワー特性はリニアで、ピークを過ぎても頭打ち感がありません。ATのシフトアップポイントも6,500rpmに変更されていて、新型エンジンの良さを引き出してくれます。去年の試乗で、回しても面白くないと書いていますがこのエンジンとATの組み合わせは回すと気持ち良くて、高速道路の合流や料金所からのダッシュで意味も無く回してしまいます。また、タコメーター上でレッドゾーンまでブチ込めるというのは、視覚的にも気持ち良いです。何回転からレッドゾーンを引くかってだけですけどね...。

ATのマニュアルモードで違和感があるのは、4,500rpm以上になるようなシフトダウンを受け付けない事です。(そのままキックダウンすれば、シフトダウンします。) バックトルクが小さいこともありエンジンブレーキのみで減速してそのままコーナーを曲がるという手抜き運転ができず、まずはフットブレーキで減速し速度に合わせてシフトダウンというセオリー通りの運転を要求されます。シフトダウンした時点で5,000rpmを超えてたらソコからの伸びしろが無いので論理的には納得できる仕様ですが、タンタンとシフトダウンしてパーンとコーナーを抜けるという2stバイク的な乗り方が出来ないのは、チョット残念かも知れません。

街乗りではATを意識することも無く、運転中にイラッと来ることも殆どありません。ドライブレンジので停車中にはニュートラル制御が効くので、不快な振動が少なくなる分、発進時にチョット変な感じがします。マニュアルモードではニュートラル制御は効きません。

という訳で、個人的には6速にしてホントに良かったなぁ...、と何が何でも思いたいです。(笑)
a0038269_2026555.jpg
figure by NetCarShow.com

[PR]
by peugeot307cc | 2010-06-13 21:10 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://p307cc.exblog.jp/tb/10801313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 308CCマイナーチェンジの変... 本日までの総走行距離 >>
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。