なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
308CCマイナーチェンジの変更点(ワインディング編)
308CCで伊豆方面のワインディングを走ってみました。

まずは、箱根ターンパイクの登りです。首都圏の方にはお馴染みの急勾配の超高速ワインディングです。従来のAL4(マイナーチェンジ前の4速AT)では、ソコソコのペースで走ると直ぐにロックアップが外れてしまいますが、AT6(マイナーチェンジ後の6速AT)はロックアップが外れることもなく、ストレスなく走れます。

続いて、伊豆スカイライン。交通量は多いけれど一定のペースで流れる中・高速ワインディングです。AL4でも2~4速を使って快適に走れるため、AT6との差はあまり感じられませんでした。

次は、西伊豆スカイライン。交通量が少なく‘走り’に来る人が多い、中・低速ワインディングです。こちらは、AT6の4500回転縛りのお陰で、形勢逆転。チョイ本気モードで走るとシフトダウンを受け入れない事が多く、気になってハンドリングに集中出来ません。挙句の果てに、コーナー手前でのシフトダウンバッファ(?)がコーナー途中で作動したりして、最悪です。こういうシチュエーションでは、AL4の方が早いかも知れません。308CCでこんなにカリカリ走る人は少ないと思うので良いのですが、RCZのキャラで同じセッティングだとすると、かなりキビシイ気がします。(まさか、同じじゃないと思いますが...。) 走りにも期待してRCZのATを買う方は、要注意です。

最後は、伊豆半島外周のワインディング。遅いクルマに出くわすと長時間の低速走行を強いられる事がある、中・低速ワインディングです。AL4が一番苦手なパターンですが、AT6なら悪くても5速(AL4の4速弱相当)以上がキープ出来るので、ストレスなく走れます。高めのギアでゆっくり流すのも良いですし、3000rpm~4000rpmで軽快に走るのも楽しいです。

なお、ハンドリングについては同時に18インチホイールにしてしまったので比較できませんが、18インチは良いです。308CCのサスペンションは、18インチ前提でセッティングされてる様な気もします。
[PR]
by peugeot307cc | 2010-07-21 23:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://p307cc.exblog.jp/tb/11012274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 購入予備軍 at 2010-07-23 17:27 x
RCZならMT買う方が良さそうですね…
Commented by なかがわ at 2010-07-24 15:04 x
私はRCZを運転していないのであくまでも仮定ですが、308CCと同じセッティングなら、走りを追求する人にはRCZのATはお奨めしません。
スタイルに惚れて乗るというのであれば、これでも全然OKだと思います。
Commented by あこがれのCC at 2010-10-05 06:14 x
御無沙汰しております。
あこがれのCC、あこがれ続けて正解でした。
期待以上に答えてくれる申し分のない308CCです。
18インチホイールにすれば、さらに満足感アップするのでしょうね、、、高速道路のコーナリングを走り込んでの感想です。
今頃のコメントですので、独り言扱いで結構です、、、よ。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by なかがわ at 2010-10-05 21:27 x
走り重視なら18インチ、乗り心地重視なら17インチのままがベストですね。

それにしても、『高速道路のコーナリングを走り込んで』って...。(汗)
Commented by あこがれのCC at 2010-10-06 21:50 x
308CCはオープンにしてゆったり優雅に、、、でした。
17インチでも十分満足。
いよいよ冬でもオープンで、、、たのしみです。
Commented by なかがわ at 2010-10-07 22:20 x
308CCは防寒対策バッチリなので、これからの季節が旬ですよね。
<< ネット環境刷新 カップヌードルTimeCan >>
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。