なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
508試乗レポート
という訳で、小渕沢で508に試乗してきました。私に割り当てられたのは、508 Allureという一番安いグレードのセダンでした。内装は正直言って308CCの方が高級感があり、あまりグッと来るモノがありません。特にAピラーの内張りに目の粗い布が使われていて、運転していても安っぽさが気になってしまいます。シートはファブリックの電動ですが、何の印象も残らなかったので、おそらくデキの良いシートなのでしょう。(良いシートというのは、そういうものだと思います。)ドライビングポジションも、違和感や不具合は感じませんでした。

ハンドルのスイッチ類は個人的には目障りで、特に一番端にあるダイヤルはハンドルを切るときに親指の付け根に当たる事があり、かなり嫌な感じでした。メーター中央部のマルチファンクションディスプレーはチョット未来的でカッコ良いですが、5連メーターの視認性はあまり良くありません。私の試乗車にはヘッドアップディスプレイは装備なし。カーナビ周辺のデザインは、実物でもやはり残念でした。

308CCとは動力性能も車重もほぼ同じですが、ハンドルが軽いせいもあって、かなり軽快に感じました。車幅は殆ど気になりませんが、バックする時など全長には気を使います。乗り心地はフワフワした感じは無く、試乗中はチョット固めかなぁ?と思っていたのですが、同じコースを自分の308CCで走ると実は結構な悪路だったので、これは相当素晴らしい足回りのようです。

トランスミッションは308と同じ6ATですが、パドルシフトが付いています。カチカチとしたクリック感と、連打(?)すると認識しないのが気になりますが、反応はソコソコ良いです。4500回転縛りはありません。(あれは仕様ではなく、初期ロットのバクという気がしてきました。今度、新型308で試してみます。)全体に静かなせいもあってか、回すと安っぽいエンジン音が気になってしまいます。これは4気筒の限界だと思うので、割り切りが必要かもしれません。

私の結論としては、『シートと足回りだけは素晴らしい典型的なプジョー車』ということになりました。
a0038269_2347311.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2011-07-04 23:50 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://p307cc.exblog.jp/tb/13023990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 308マイナーチェンジ ファー... 小淵沢ツーリング >>
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。