なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
我が家の車暦(バイク編)




我が家(といっても私だけですが)のバイク暦はこんな感じです。

・ヤマハ パッソル
・ヤマハ ボビィ
・スズキ RG50E
・スズキ RG250Γ(ガンマ)
・カワサキ GPZ400R
・カワサキ ZZ-R1100(D1)
・カワサキ ZZ-R1200(C1)
・カワサキ ZZ-R1200(C1)

パッソルは言わずと知れた原付スクーターの先駆け的存在です。高1の時に免許を取ってすぐ兄のお下がりをもらいました。
ボビィはレジャーバイクと呼ばれる小型の原付で、一応4速ロータリー式のギア付きでしたが、ポジションが窮屈でパワーが無いのであまり遠くへ行った記憶がありません。
RG50Eは400にステップアップした友人から買ったもので、空冷ながら90km/h位まで出せる本格的な原付でした。丹沢・伊豆・房総など、ツーリングにも行きました。京都の大学に進学したときは、藤沢→京都間を(モチロン下道で)2日かけて陸送しました。
RG250ΓはV型に移行する直前のモデルを在庫処分で安く買いました。最終型ということでピーキーさは薄れていましたが、それでも2ストの楽しさは充分に味わえました。このバイクでは京都を中心に近畿地方全般と北海道へツーリングに行きました。
GPZ400Rは社会人になって買ったバイクですが、既に生産中止になっていたので中古を探して買いました。16号線沿いのミズ●トというバイク屋でワンオーナー・無改造・無事故の掘り出し物と言われて買ったのですが、2週間くらいで調子が悪くなりました。他のバイク屋で診てもらったところ、実は改造車かつ事故車で納車整備すらまともにしていないものでした。それでも何とかマトモに走るように整備して、東北・中部・四国などにツーリングに行きました。a0038269_1731172.jpg

ZZ-R1100は当時は世界最速を誇っていたモンスターマシンで、量産車で初めて実測300km/hを超えたバイクです。高速性能だけでなく街乗りからワインディングまでステージを選ばない乗りやすさがありました。このバイクは9年間乗り続けて、東北・佐渡・北陸・信州・中国地方・九州・沖縄など色々な所へ行きました。

a0038269_1732135.jpg



ZZ-R1200はZZ-R1100の後継車ですが、最高速性能よりも快適性やハンドリングにより重点を置いていて、さらに乗りやすくなっています。とはいえラムエア過給時は160psを超えると言われていますので、動力性能も(私が乗る分には)申し分ありません。購入後半年あまりで盗難にあって保険で買い換えたため、現在は2代目になっています。
[PR]
by peugeot307cc | 2005-01-31 01:39 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://p307cc.exblog.jp/tb/1601356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Yahoo!ブログ インターネットマガジン >>
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。