なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
407に試乗しました
a0038269_20101768.jpg
307CCの12ヶ月点検のついでに、407のチェックをしてきました。



ショールームに置いてあったのは、セダンのSport 3.0。既にご覧になった方も多いかと思いますが、私はこのデザインには大賛成です。
a0038269_2012370.jpg
後ろから見ると、普通のセダンですね。
トランクは307CCと同じで、数字のゼロを押して開けます。
a0038269_20131797.jpg
問題(?)のデカ口をアップで...。
良く見るとエアインテークは両端まで開いておらず、単にデザイン優先のデカ口であることが判ります。
a0038269_2013669.jpg
インテリアは、307に比べると、かなり上質な印象です。
後席は、頭上・足元共にそれほど広くありませんが、すわり心地は悪くないです。
a0038269_20133058.jpg
写真などで見ると、307CCにそっくりのホワイトメーターですが、実物は微妙にアイボリーがかっていて、大人の雰囲気が漂います。
a0038269_20134497.jpg
全車に標準装備のHDDナビは、画面が思ったより大きくて307よりも少し上に付いているため、見やすそうです。タッチパネルではないのが残念。
エアコンは左右独立タイプ。設定温度などは、ダッシュボード上部のマルチファンクションディスプレーに表示されます。
a0038269_20135494.jpg
6速ATのシフトレバーは良く見ると根元で右に曲がっていますが、これはマニュアルモード(レバーを左に倒す)の時にレバーが垂直になるような配慮とのことです。
サイドブレーキの横には、マルチファンクションディスプレーの操作スイッチがあります。
a0038269_2014466.jpg
ハンドルの右側には蓋付きの小物入れがあり、便利そうです。307と比べると、右ハンドルのことを真剣に考えているようです。
センターのアームレスト内も小物入れになっています。
a0038269_20141697.jpg
その代わり、グローブボックスは相変わらずこのザマです...。
a0038269_20143247.jpg
206や307で好評のステアリングリモコンが有りません。何故???
見た目のチェックを終えて、いよいよ試乗です。試乗車は、SWのSport 3.0。

シートに滑り込むと、まずは電動アジャストで調整します。コレは、良いです。電動なのも良いですが、細かく調整できるのが何より素晴らしいです。ハンドル調整が手動なのはガッカリしましたが...。
シート自体も表皮がソフトで中身はコシがあるという感じで、ランバーサポートもバッチリです。ヒップポイントは307CCよりも高めで、シートを一番下げても頭上は307CCのクローズ時よりも圧迫感があります。SWのグラスルーフは後席には大好評だと思いますが、運転しているとあまり関係ないような気がします。

見切りは、307に慣れてしまえば全然問題ありません。(バックはしなかったので、判りません...。)しかも、意外にもデカイクルマに乗っているという印象が全く有りません。むしろ、307よりもコンパクト?と思うくらいです。

エンジン音は静かで、振動は殆どありません。サスガはV6です。5000回転位まで引っ張ると「コォー」っという少し凶暴な音になりますが、低音が響いてこないので、あまりスポーツ心を刺激しないかも知れません。動力性能は街乗りには充分ですが、高回転まで引っ張ってもドラマチックな展開にはなりません。

6速ATはシフトショックなど全く無く、存在を忘れる程です。マニュアルモードでも、307のように2速のまま停車するとガクンとくることもなく、シフトレバーの感触もカチッとした感じで好感が持てます。アームレストに肘を乗せて手首でカクンとシフトチェンジするのは、楽チンで気持ち良いです。ただし、慣れのせいかも知れませんが、6速もあるとチョット面倒です。(笑)

サスペンションは307CCに比べるとソフトですが、かと言ってフワフワではない絶妙なバランスです。電子制御が効いているのか、ロールも少なめです。ハンドルは軽くて滑らかですが、不安な感じはしません。軽さの程度は、206と307の違いと、307と407の違いが同じ位です。

結論を言うと、良いです!欲しいです! 307CCを買うときに407があったら、かなり悩んだことでしょう...。

ちなみに、買う気ないのがバレバレだったせいか、グッズはおろかパンフレットすらくれませんでした。(笑)
[PR]
by peugeot307cc | 2005-06-13 00:07 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://p307cc.exblog.jp/tb/2014600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヨッシー at 2005-06-13 01:20 x
試乗記ありがとうございます。
アイシンAW製の6AT、良さげですねぇ。
でも、何で2.2LのATはアイシン製じゃないんでしょう?

私の方は、先週SWの実車を見ただけです。
その時、セダンとSWのパンフを1冊ずつもらいましたが。
307と違い、ちょっとした本です。

見たのは青系だったこともあり? 結構かっこいいじゃんと思ったのですが、
乗ったら欲しくなるよなぁと思い、今週は我慢ガマン。
夏の宝くじを買った後にでも、行ってみようと思います。
Commented by nojidon at 2005-06-13 07:46 x
やっぱり・・・冷やかしがバレバレだとグッズもらえませんよね・・・。
シトロエンは「まだ買い替えないけど」って言ってもくれたのに。
Commented by 生麦 at 2005-06-13 09:39 x
試乗記楽しく拝見いたしました。
6速AT羨ましいと思っていたのですが、4速に慣れていると忙しなく感じる
のは実際に乗ってみないと分らない事ですね。
Commented by TAN at 2005-06-13 15:46 x
わたしも今日12ヶ月点検持っていきます。2ヶ月遅れで。(^^;
時間があれば407試乗してこようと思っています。
こないだ発売前に見せてもらったときにカタログはもらったので、今日はグッズもゲット・・・(できるかな)

ラテミのときになかがわさんがケータイに付けていた小さいストラップって
何の時のオマケグッズでしたっけ?
嫁があれほしいと言っております。(BLで余ってないかな・・・)
Commented by なかがわ at 2005-06-14 01:15 x
>冷やかし
「ちょうだい!」と言えば拒否はしないと思いますけど、今回のグッズ(ピンバッジ)はもらっても使い道が無さそうだったので、まあいいかと...。

>6速AT
ワインディングとかだとまた違うのかも知れませんが、少なくとも街乗りだと、今何速が適切なのかが全然判りませんでした。

>ストラップ
あれは去年の福袋に入っていたので、ディーラーで来場記念として配っていたのは2003年の後半です。
おそらく、コレ↓と同じものかと思いますが...。
http://www.redpoint.co.jp/sell/parts/20050113_2/index.html
Commented by なかがわ at 2005-06-14 23:38 x
>ストラップ
普通にプジョースタイルでも扱ってました...。
http://www.peugeot.co.jp/cars/style/life/accessories.html
Commented by TAN at 2005-06-14 23:45 x
昨日407セダン(3.0)試乗してきました。
エンジンもATもスムーズでちょっとびっくり。
足回りも適度な柔らかさでいい感じでした(自分好み)。
何もかも自分のSWと正反対・・・・(笑
見た目の車幅とかフロントオーバーハングは気なってましたが、実際運転してみると
取り回しはさほど気になりませんでした。
もちろん買えませんが(^^; かなり気に入りましたね。

オマケでシルバーのボールペンと407ピンバッジ(2コセット)をもらってきました。
Commented by なかがわ at 2005-06-15 02:07 x
407は、プジョーとは思えない(笑)スムーズさですよね。このATや足回りが207とかにもフィードバックされると良いですね。
Commented by think_i at 2005-06-17 08:44 x
来週半ばに12か月点検に行くので、そのときに見てこようかと思ってます。
exblog、ずいぶんメンテナンス長かったですねぇ。
Commented by なかがわ at 2005-06-18 02:16 x
私は、今日(土曜日)に取りに行っちゃうので、すれ違いですね。

エキサイトのメンテナンス、おそらく27時間くらいやっていたと思われます。有料会員にしてみると、シャレにならないトラブルですよね...。私は無料なので、文句を言える立場ではありません。
<< 宝くじ、当たりました!!! 今日で丸1年 >>
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。