なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
やっぱり、使えないのはプジョージャポンだ!
以前にも書いたのですが、プジョージャポンの会社としての姿勢に疑問を感じたので、メールで質問をしました。何度か無視されながらもしつこく問い合わせをしましたが、全く誠意が感じられません。もう駄目ですね、この会社は...。



以下、やり取りの抜粋です。

■なかがわから、メールで質問(4/27)
1) ESPエラーの危険性について
走行中に突然ESP警告灯が点灯し、ESPが作動しなくなる障害が何度も発生しております。例えば、コーナリングでESPが作動中に突然上記の障害が発生した場合、通常のドライバーでは回避不可能な挙動の乱れが発生し、場合によっては対向車との正面衝突や崖からの転落等、死亡事故に繋がる重大な危険性があると考えます。この危険性について、プジョージャポン社の見解をお聞かせください。

2) ESPエラーへの対策について
このような危険性のあるESPエラーが何度も発生し、また警告灯が点灯中にブルーライオンに持ち込んだことさえある個体について、半年近い期間抜本的な対策が行われずに放置されているという事実があります。この事実について、プジョージャポン社の見解を3年保障制度を踏まえてお聞かせください。

■プジョージャポンは、無視

Webから、問い合わせに関して回答が無いがどうなっているか質問(5/7)

■プジョージャポンから、メールで回答(5/8)
ご連絡の件につきましてお調べいたしましたところ、恐れ入りますが、4月27日に中川様よりお送りいただきましたメールを確認することができませんでした。お手数をお掛けし、大変申し訳ございませんが、再度お問合せ内容をご連絡いただけますでしょうか。ご返信いただき次第、早急に対応させていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

■なかがわから、メールを再送(5/8)

■プジョージャポンから、メールで回答(5/9)
頂戴いたしましたご質問についてでございますが、弊社ではお客様のお車の個々の不具合に関することは、行き違い等を防止する為、実際にお車を拝見させていただいているディーラーに詳細を確認させていただいた上で、ブルーライオンディーラーを通じてご回答させていただいております。
ブルーライオン横浜 新横浜営業所に現状を確認させていただいたところ、中川様にご連絡を差し上げていますが、コンタクトがとれない状況であるとの報告をうけました。誠に恐れ入りますが、お車の修理も含め、ブルーライオン新横浜と今一度ご相談いただきますようお願い申し上げます。

■なかがわから、メール送信(5/9)
> ブルーライオンディーラーを通じてご回答させていただいております。
今回の問い合わせは、個々の不具合についてのものではありません。プジョージャポン社の一般的な見解についての確認をしております。この為、プジョージャポン社からの直接のご回答を強く希望します。

> コンタクトがとれない状況であるとの報告をうけました。
『コンタクトがとれない』とは、具体的にどのような状況でしょうか? ブルーライオン新横浜とは、4月16日に電話で話をした以降は私の電話への着信も、留守番電話も何もありません。誰が、いつ、どの様な方法で連絡をされたのか、ご確認をお願いします。

■プジョージャポンは、無視

■ブルーライオンから、『コンタクトがとれない』件について直接釈明(5/13)

■なかがわから、メール質問(5/15)
下記メールの件、プジョージャポン社としての回答は頂けないということでしょうか?

■プジョージャポンは、無視

■なかがわから、メールで質問(5/22)
また、無視ですか? 面倒な事は全てディーラーに押し付けて、都合の悪い事は無視する。プジョージャポンの姿勢はそういう事ですか? 回答が無ければ肯定したと見做します。

■プジョージャポンから、メールで回答(5/24)
度々のお問合せにつきまして誠に恐縮でございますが、前回お答えさせていただきました通り、弊社では実際にお車を拝見させていただいているディーラーに詳細を確認させていただいた上で、ブルーライオンディーラーを通じてご回答させていただいておりますので何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


つまり『面倒な事は全てディーラーに押し付けて、都合の悪い事は無視するのがプジョージャポンの姿勢である』という回答をもらったことになります。

なんだか東芝ビデオ事件のクレーマーみたいになってきましたが(笑)、もうプジョージャポンは見捨てました。
[PR]
by peugeot307cc | 2006-05-24 21:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://p307cc.exblog.jp/tb/3650325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryusunboar at 2006-05-24 23:16
残念ですね、この対応(態度)のPJ。
クルマ自体は魅力あっても
こういった対応だと、ウンザリしてきますね。
Commented by まっちぃ at 2006-05-24 23:22 x
こちらにコメントをするのは多分初めてだと思います。

プジョーを乗り継いでいるなかがわさんが、「PJを見捨てた」と言うことに、多少悲しさを覚えます。
ゴールデンウィークにフランスを旅行して、フランス人気質というものをはじめて理解しました。基本的にサービス精神はありませんん。物事は基本的に他人の所為です。自己責任において、物事を行います。
それらを踏まえて、今回のPJの対応を見ると、ある意味納得します。PJのスタンスを理解した上で、付き合っていくしかないのかなとぼくは思っています。
Commented by panda206cc at 2006-05-25 00:59
本当にがっかりさせられる対応ですね。知らない方が良かったとおもってしまうほど残念なPJの態度、ディーラーが悪いのであれば変えれば良いのですが、輸入元がこのようでは救いようがありませんね。クルマが気に入っているだけに複雑な思いです。
Commented by スネオ at 2006-05-25 12:52 x
初めまして。いつも楽しくブログを拝見しています。
やり取りを読み、あまりにビックリしてコメントさせてもらいました。

『無視』そして回答があってもその内容・・・
怒りでなく見捨てる気持ちになりますね。。

身近に接するディーラーの方に問題は少なさそう、というところで心を落ち着かせてください。
Commented by 賛同 at 2006-05-25 12:56 x
PJも悪いとおもいますが、それ以上にディーラーがダメだと思います。
Commented by CatsEye at 2006-05-26 00:10 x
S16LHDで同じ悩みを抱えている者です。
やはり、我々のような者は、BMWもしくはアウディのような
精密な機械を生産できるメーカー、かつ、それ相応のサービスを受けられるインポーターに切り替えるべき時期に来ているのでしょうか!?
アンチドイツ車でしたが、ここにきて大きく揺らいでいます....。
Commented by 同感 at 2006-05-26 13:12 x
納車日以降、数え切れない不手際で頭にきています。
次は407だと思っていましたが、今のままでは、ありえないですね。
Commented by なかがわ at 2006-05-27 14:26 x
皆様、コメントありがとうございます。
やはり、色々と不満のある方はいらっしゃるみたいですね。

誤解の無いように書きますが、私はPJは見捨てましたがプジョーのクルマを見捨てた訳ではありません。PJの駄目さ加減を差し引いても、まだこのクルマが好きですし、乗り続けていくつもりです。

それから、私はプジョーにレクサスや高級ドイツ車のようなサービス満点のサポート(スミマセン、想像です)は期待していません。値段が違いますから、当然です。ただ、3年間保証するといってクルマを売った以上は、3年間保証しろよ!というだけです。サービス精神とかいう以前の事だと思います。
Commented by 匿名希望 at 2006-05-30 09:49 x
以前、うちの車が故障した際、 BL 担当氏が

「PJ が費用負担に及び腰なので、お客さんのほうからも PJ に直接文句を言ってくれませんか?」

と、苦情受付の電話番号と言うべき内容を教えてくれました。その甲斐あって、見事 PJ 負担での修理に!

ディーラーの担当者のやる気次第なのかもしれませんね。本当は PJ ががんばって、全体の質を高めてくれればいいんでしょうけど。
Commented by なかがわ at 2006-06-01 00:10 x
なんだか、PJとBLの間に信頼関係が無いような気がします。
『ブルーライオンディーラーを通じてご回答させていただいております』と言いながら、BLからはPJにユーザーの声が届かない。
どういうことなんでしょうね?
Commented by にっしー at 2006-06-02 21:06 x
「PJ が費用負担に及び腰なので、お客さんのほうからも PJ に直接文句を言ってくれませんか?」
が全てを表してますね。まあ、多かれ少なかれどこのメーカーも同じですが(^^;
Commented by ピロリン at 2010-04-11 20:02 x
そもそも 欠点や欠陥あってのフランス車じゃないの? ダメな子ほど可愛いっていうじゃん。 何だか今どきの何でもかんでも「コンポライアンス」的な、やらしい人間の根源を垣間見た気がします。 因みに僕はプジョーの人間ではないし、今の308は気に入ってます。 …ねぇ、プジョーの自転車に変えたら?
Commented by なかがわ at 2010-04-11 20:25 x
ピロリンさん、かなり前の記事へのコメントありがとうございます。

クルマの品質に関する忍耐度は人それぞれだと思いますが、ブレーキが効かないとか、ハンドルが切れないとか、そういう安全に関わる問題に無頓着なのは如何なものかと思います。

ちなみに、プジョーの自転車は持ってますよ。(笑)
Commented by える at 2010-04-15 20:49 x
はじめまして。記事拝見させて頂きました。
売っておいてその後知らないよと言う姿勢には私も憤りを感じます。
以前見た報道番組でもイタリアの有名なメーカー製の
自転車の不具合でタイヤが外れてその自転車に乗っていた方が
骨髄損傷で一生車椅子の生活を余儀なくされたなんて事がありましたが
命や自分の一生の生活に関わるような事に我慢が足りないなんて
事は無いと思うのですが。。
それとも誰かが犠牲にならないと対応出来ないようなものなのでしょうか
自分が注意すれば何とかなるレベルの物ならともかく
この対応のし方は所詮は他人事と軽んじられているような気がします
Commented by なかがわ at 2010-04-18 17:04 x
えるさん、コメントありがとうございます。
全く、おっしゃる通りだと思います。人に怪我させたり命を奪ってしまう危険がある(あるいは、その可能性が高くなる)ような欠陥であれば、断固として対応を求めるべきだと思います。

雨漏りするとか、屋根が開かないとか、窓が落ちるとか、なんかコトコト音がするとか、そいういう問題なら『フランス車だから』で良いんですけどね...。
<< もうじき梅雨入り 国道307号オフ&めいほうラテ... >>
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。