なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
カテゴリ:ドライブ( 157 )
みちのく温泉ツーリング(第三弾)
月イチ東北ツーリングの第三弾は、宮城県の白石市にある鎌先温泉に行く予定だったのですが、クルマの修理が終わらなかったので電車で行くことにしました。

という訳で、新横浜からのぞみやまびこを乗り継いで東北新幹線の白石蔵王に向かいました。どうせならグランクラスに乗ってやろうと思いましたが、白石蔵王には停まらないので断念。そもそも、そんな簡単に予約できないらしいです。白石蔵王からはタクシーに乗って15分程度で、目的地に着きました。

今回の宿は、時音の宿 湯主一條です。最上級の仙台牛が宿の魅力のひとつだったのですが、なんと宮城県の牛肉は出荷停止。先週だったら食べれたのに...。とはいえ、代わりの牛肉も含めて料理はおいしかったです。大正時代に建てられたという木造4階建ての本館は食事処として使われていて、泊まる部屋は最新設備の新館なので快適でした。

2日目は、白石蔵王で昼飯を食べて新幹線で帰ってきました。2日間の走行距離(笑)は、671kmでした。
a0038269_18491587.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2011-08-07 19:09 | ドライブ | Trackback | Comments(4)
みちのく温泉ツーリング(第二弾)
月イチ(?)東北ツーリングの第二弾は、福島県の会津若松にある東山温泉に行ってきました。

例によって昼過ぎに自宅を出発。福島まで行くならもっと早く起きろよという感じですが、会社が引越してから通勤が辛くて、休日は早起き出来ません。という訳で、今回も1日目は高速で移動。東北道と磐越道を使って、4時間程で会津若松に着きました。

今回の宿は、庄助の宿 瀧の湯です。この宿のはなれ 松島閣という特別室に泊まりました。Webの写真を見ると凄いセレブな感じですが、実際にはそれ程でも無かったです。しかも『はなれ』と言いながら、同じ建物の上層階だったりします。とはいえ、全般的には良い宿だったと思います。

2日目は国道121号線を南下して鬼怒川を通って帰るつもりでしたが、前回と似たようなコースになりそうだったのと前に遅いトラックが居たので、急遽コース変更。関越方面に抜ける国道352号線というルートに進みました。ところがコレが厳しい道で、路面が良いので酷道という訳ではないのですが、1.5車線のクネクネ道が永遠に続くかと思いました。奥只見湖から先は、奥只見シルバーラインというダム工事用のトンネル(コレがまた、凄い!)を通って魚沼に抜けて、関越道で帰ってきました。

2日間の走行距離は、850kmでした。
a0038269_2325142.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2011-07-10 23:26 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
小淵沢ツーリング
508の試乗が当たったので、小淵沢まで1泊ツーリングに行ってきました。

初日は特に用事も無いので、午後2時ごろ自宅を出発。中央高速で小淵沢まで行って、すぐにホテルにチェックインしました。

今回の宿は、星野リゾート リゾナーレです。試乗会の会場がココだったので、チョットお高いけど便利そうだからまあ良いや、という事で予約しました。ベリーニの建築は素敵ですし、ホテルの質としても良いとは思いますが、如何せんガキが多すぎ。オトナが静かに過ごす場所じゃないですね。

2日目は、朝イチに試乗を済ませてから12時にチェックアウト。そのまま帰るのももったいないので、麦草峠までひと廻りして、小淵沢から中央高速に乗りました。高速1000円も終わったので空いてるかと思ったら、防護壁に突っ込んだ馬鹿が少なくとも二人は居たらしくて大渋滞。例によって、道志みち経由で帰宅しました。

2日間の走行距離は、505kmでした。
a0038269_2234569.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2011-07-03 21:30 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
Audi driving experience
アウディ ドライビング エクスペリエンスに参加してきました。

以前に無料のECO Drivingというやつに参加したのですがナカナカ良かったので、今回は有料の中でお手軽なSituation 3というやつに参加しました。

良く読まずに申し込んだら会場は中部国際空港セントレアだった(笑)ので、朝8時ごろに自宅を出発。東名高速は大雨の速度規制と事故がいくつもあって、13時の開始時間にギリギリ間に合いました。専用駐車場には当然アウディばかり停まっていて完全にアウェイでしたが、307CCが一台いてビックリしました。

メニューは下記の通り(アウディジャパンのホームページから転記)ですが、ドライバーなら一度は経験した方が良いモノだと思います。タイムトライアルの結果は、可もなく不可もなくという感じでした。プジョーは料理教室しかやらないので、機会があれば別のコースにも参加してみたいと思います。

A1 New model experience     
【フルブレーキング】80km/hからの急制動と障害物回避。A1のアクティブセーフティ性能を体験すると共に、事故回避に活きるトレーニング。
【スラロームテスト】A1の持つアジリティ、スポーティネスを味わうプログラム。機敏なハンドル操作とアクセルワークがポイントです。
【タイムアタック】A1のポテンシャルを引き出す。ドライビングスキルよりセルフコントロールが大切。非日常の緊張感を楽しんでください。
Audi driving experience, situation3
【Wレーンチェンジ】最高80km/hの速度から、ハンドルだけで障害物を回避するハードな状況を体験します。瞬時の判断が必要なときは、心の余裕が安全を高める。
【ESP OFFのデモンストレーション】エレクトリック スタビリゼーション プログラムの機能を切り、クルマがスピンに陥る状況を再現させる貴重な体験です。

※後日追記:Car Watchの飯田裕子のCar Life Diaryに、今回のスクールに関する記事が載っていました。
a0038269_23213498.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2011-06-11 23:30 | ドライブ | Trackback | Comments(3)
みちのく温泉ツーリング(第一弾)
被災地復興のためという訳でもないですが、東北方面に温泉ツーリングに行くことにしました。今回の目的地は、栃木県の那須塩原です。栃木は関東地方ですが、那須辺りまで行くと東北の玄関口と言えなくもないです。

本当は朝早く出かけようと思ったのですが、起きたのが11時過ぎ。仕方ないので1日目は高速を使って宿に直行することにしました。チョット遅い昼飯は、インターと宿の途中にあった信吉というそば屋で天ざるそばです。十割そばにしてはザラっとした感じが無くて少し期待外れ(あくまでも私の好みです)でしたが、天ぷらは味・量ともに満足でした。

今回の宿は2回目湯ったりの宿松楓楼松屋です。前回は料理が微妙でしたが、今回はアップグレードしたせいもあって文句なしでした。この宿はVISAのCMに使われたそうですが、クレジットカードは使えません。(笑)

2日目は、日塩もみじライン霧降高原へ行きました。昼飯は大笹牧場ジンギスカン上ロースセットです。その後は、日光まで降りてきて高速で帰ってきました。

2日間の走行距離は532kmでした。
a0038269_2040190.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2011-06-05 20:52 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
日本海ツーリング(宿泊編)
私の場合、旅のパターンはふた通りあります。とりあえず初日の宿だけ決めて後は出かけてから考える成り行きパターンと、出かける前にある程度日程を決めてしまう計画的パターンです。

たとえば、本州(ほぼ)一周ツーリングは成り行きパターンで、初めは東北辺りでも周ってみるか?というつもりで出かけたのですが、途中で勢いが止まらなくなって、挙句の果てに四国まで足を伸ばしたりしました。対照的に、北海道一周ツーリングは計画的パターンで、出かける前にある程度コースを決めて全ての宿を予約しています。北海道は、帰りのフェリーに乗れないと帰れなくなりますからね。また、九州一周半ツーリングのように、前半は計画的・後半は成り行きというパターンもあります。

今回は、下関から大間崎まで行くという明確な目標があったので計画的パターンで行きましたが、行程を決めたのが2日前だったので、計画がかなりズサンに...。5日目の富山から秋田の537kmでは、夕方に中間地点の新潟というプランミスがありました。新潟で1泊するか悩んだのですが、欲張って最後に十和田湖を入れるために新潟をスキップしたのが敗因でした。新潟って、日本地図で見るとツルっとした感じ(笑)の海岸線に思えますが、結構なワインディングがあったりするんですよね。

宿泊先は、基本的に県庁所在地クラスの都市のシティーホテルまたはビジネスホテルです。あまり小さな町だと良いホテルが無いのと、夜になると飯を食うところも無かったりするので、最近はこのパターンが多いです。今回泊まったのは以下のホテルですが、鳥取以外は値段相応な感じでした。鳥取のこのホテルは、やめときましょう。

 下関ステーションホテル
 ホテルニューオータニ鳥取
 ホテル リバージュアケボノ (福井) ☆
 オークスカナルパークホテル富山
 ホテルメトロポリタン秋田
 ホテルJALシティ青森 ☆
 十和田プリンスホテル ☆

最終日だけは、場所が観光地ということもあって温泉付きのリゾートホテルにしました。この日はカレンダー上は平日とはいえホテルの駐車場には5台くらいしかクルマが無く、閑散としていました。前日迄はそこそこの賑わいだったとスタッフから聞きましたが、やはり震災の影響でしょうかね?おかげで温泉露天風呂は常に貸切状態でノンビリと旅の疲れを取ることが出来ました。

ちなみに、☆印のホテルは義援金プランというのがあって、宿泊代金の中から数百円ずつではありますが、日本赤十字社を通して被災地に寄付されることになっています。
[PR]
by peugeot307cc | 2011-05-19 22:59 | ドライブ | Trackback | Comments(3)
日本海ツーリング(食事編・その3)
6日目の昼は、深浦町のラーメン101で海藻たっぷり浜ラーメンを食べました。看板メニューの豪華海鮮ラーメンも気になりましたが、コッテリ系の食事が続いたので体がこちらに反応しました。岩のり・ふのり・つるつるわかめが麺が見えないほどトッピングされていて、麺にも海藻が練りこんであります。スープはアッサリした塩味で海藻を引き立てます。つるつるわかめは食感も良くて、これだけ一杯食べたいくらいでした。

おやつは、同じく深浦町のかそせいか焼き村炭火焼き生干し焼きいかです。普通に焼きイカですが、ココのは何となく格別な気がします。(気がするだけかも?)

晩飯は、青森の柿源で、生うに丼とホタテの刺身です。ホテルのフロントでは、酒肴旬 三ッ石という店を紹介されたのですが、チョット敷居が高そうだったのでパス。その辺をウロウロして入りやすそうな店にしました。うに丼は味も量もまずまず、ホタテの刺身はヒモや卵(?)まで付いてきて美味でした。

7日目の昼飯は、大間のまぐろ長宝丸中トロ丼です。カレンダー上は平日で昼時を過ぎていたので、とりあえず最初に見つかった店に入りました。味も量も申し分ないですが、地元にしてはチョット高いかも知れません。

晩飯は、道の駅奥入瀬地養豚のバラ焼き定食です。バラ焼きというのは十和田の無理やりご当地グルメ(笑)ですが、普通に焼き肉定食でした。

最終日は、東北道の岩手山SAでチキン南蛮、安達太良SAで安達太良カレー(共に写真なし)を食べて、被災地の早期復興を願いながら帰りました。
[PR]
by peugeot307cc | 2011-05-15 15:14 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
日本海ツーリング(食事編・その2)
4日目の昼は、能登半島の志賀町にある海の丘倶楽部海鮮丼を食べました。朝とれた魚云々...という看板に誘われて行ってみたのですが、具も多くて新鮮で、大正解でした。

晩飯は、氷見の万葉で富山湾名物白海老のかき揚げ丼と、ちょっと季節を外れですが富山湾春の三種盛です。この店は去年も来ましたが、白海老を食べるならお勧めです。三種盛りは、ホタルイカのマリネ、白海老の刺身、バイ貝の煮物です。

夜食は、富山駅前の大喜ブラックラーメンです。ホテルのフロントで聞くと近所には1軒しかないのですが、ココはやめた方が良いとのお話でした。ブログネタとして不味くても良いからと食べてみたのですが、30分くらい行列したうえに本当に不味かったです。(笑) 富山駅近くで食べるならCiCというビルの中の麺家いろはの方がお勧めらしいです。(私は閉店時間を過ぎていたため、行けませんでした。)

5日目の昼は、糸魚川駅前の源兵衛ブラック焼きそばです。早い話がイカスミ焼きそばなのですが、地元ではB級グルメとして盛り上げようとしているみたいです。最近、この手の無理やりご当地グルメが多いですね...。

チョット早い晩飯は、新潟のとんかつ太郎タレかつ丼です。新潟でカツ丼といえばこのタイプがメジャーらしいのですが、この甘辛いタレはクセになるかも知れません。

夜食は、秋田の末廣ラーメン本舗あさり醤油ラーメンです。新福菜館をルーツとする黒醤油ラーメンも美味そうでしたが、こちらもあさりとスープのマッチングが良くて、かなり好きなラーメンでした。

その3につづく...。
[PR]
by peugeot307cc | 2011-05-13 21:42 | ドライブ | Trackback(1) | Comments(0)
日本海ツーリング(食事編・その1)
今回は、高速を使用せずに1日平均400km以上というハードスケジュールだったため、朝食はホテルで済ます事にしました。なので、基本は1日2食のレポートなのですが、何故か3食の日もあったりします。(笑)

初日の下関での晩飯は、ホテルそばのさかな市場という居酒屋で、フグ刺マグロユッケ活けイカフグ茶漬け等を食べました。どれも美味しかったですが、地元にしてはチョット高かったかも知れません。

2日目の昼飯は、通りすがりの道の駅ゆうひパーク浜田海鮮丼と浜田名物だという赤天を食べました。赤天とは、さつま揚げに唐辛子を入れて辛くしたもので、なかなか美味しかったです。海鮮丼は、ごく普通でした。

おやつ(?)には、出雲大社横のやしろや特製割子そばを食べました。つけ汁で食べるのではなく、セイロみたいな器に薬味とだし汁をかけて食べます。薬味のもみじおろしが良かったです。そば自体は、いたって普通です。

鳥取での晩飯は、ホテルのフロントで教えてもらったたくみ割烹店すすぎ鍋です。すすぎ鍋というのは、しゃぶしゃぶのルーツらしいです。メニューは肉の質によって3種類あって、私はお勧めと書いてあった中くらいのやつにしましたが、かなり美味しかったです。普通のしゃぶしゃぶより肉が厚くて、ごまだれも美味です。締めは中華麺とうどんが選べます。ココはお勧めなので、鳥取に行ったら是非どうぞ。(もっとも、鳥取に行く事はあまりないとは思いますが...。)

3日目の朝飯は(ホテルのレストランが満員で入れなかったので)、鳥取砂丘のドライブインあごカツカレーを食べました。あごとはトビウオの事で、鳥取のご当地グルメにしようとしているらしいですが、普通にフィッシュフライでした。しかもココのはカレー自体が不味いので、あごカツを食べるなら他にしましょう。

昼飯は、丹後半島の和み庵 空と海という宿のランチでばら寿司を食べました。ばら寿司とは丹後地方の郷土料理で、ちらし寿司にサバのそぼろが入ったものです。実はちらし寿司はあまり好きではないのですが、まあ普通にちらし寿司でした。

晩飯は、福井のヨーロッパ軒で名物ソースかつ丼です。かつ自体は特別なものではない(というか、どちらかと言うと安っぽいカツ)ですが、ソースが絶妙です。話題になるだけの事はあると思います。

その2につづく...。
[PR]
by peugeot307cc | 2011-05-11 21:54 | ドライブ | Trackback | Comments(10)
日本海ツーリング(概要編)
最後の1000円高速を有効活用するために、久しぶりのロングツーリングに行ってきました。

高速で遠くに行くとすれば鹿児島か青森ですが、さすがに横浜-鹿児島間を一気に走るのは、200km/h巡航できるZZ-Rならともかく(というか、やった事ありますが)、308CCでは不可能。という訳で、下関まで行って、青森から帰ってくるというプランにしました。下関-青森間は、なるべく日本海に沿うように高速を使わず北上しました。

大まかな行程は、以下の通りです。
 1日目 横浜→下関 (写メール日記はこちら
 2日目 下関→角島→萩→浜田→出雲→境港→鳥取 (写メール日記はこちら
 3日目 鳥取→香住海岸→城崎→丹後半島→敦賀→越前海岸→福井 (写メール日記はこちら
 4日目 福井→東尋坊→能登半島→氷見→富山 (写メール日記はこちら
 5日目 富山→上越→新潟→酒田→秋田 (写メール日記はこちら
 6日目 秋田→男鹿半島→能代→深浦→竜飛崎→青森 (写メール日記はこちら
 7日目 青森→横浜→むつ→脇野沢→大間崎→風間浦→十和田→十和田湖 (写メール日記はこちら
 8日目 十和田湖→奥入瀬→八甲田→青森→横浜 (写メール日記はこちら

走行データ(距離・燃費・平均速度/オンボードコンピュータの数値)は、以下の通りです。
 1日目 1,019km 15.3km/L 92km/h
 2日目  482km 16.1km/L 48km/h
 3日目  406km 14.7km/L 43km/h
 4日目  449km 15.6km/L 43km/h
 5日目  537km 15.3km/L 45km/h
 6日目  395km 15.1km/L 48km/h
 7日目  412km 15.3km/L 48km/h
 8日目  849km 15.3km/L 87km/h
 合計 4,553km 15.3km/L 57km/h

高速代は以下の通りで、トータルで約3万円の節約になりました。
 横浜青葉→下関 通常 20,200円が 2,400円
 青森中央→川口 通常 13,450円が 1,700円 (首都高等は含まず)

実は今回のルートは、殆どが以前に走った事のある場所ですが、改めて日本海沿岸の景色の素晴らしさを実感しました。ただし、前半は黄砂が酷くて写真は殆ど撮っていません。
a0038269_1548579.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2011-05-08 16:10 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。