なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
納車5周年!(まで、あとちょっと)
もうじき納車5年という事で、今年も走行距離グラフを作ってみました。
後半はさすがにペースが落ちてきたと思ったのですが、高速1000円でラストスパートが入り、4年目と5年目の走行距離の差は、僅かに8kmでした。
 1年目: 1万9千km
 2年目: 1万2千km
 3年目: 1万8千km
 4年目: 1万4千km
 5年目: 1万4千km

今年は具体的な遠出の計画は決めていませんが、何だかんだで距離は伸びそうな予感がしています...。
a0038269_1741534.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-31 17:45 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
308CCファーストインプレッション
308CCが各地のディーラーに配置されたらしいので、取り急ぎ見に行きました。試乗車はまだ無いので、まずは見た目の感想です。a0038269_20221976.jpg
展示車は308CC Griffeでボディーカラーはペルラネラ・ブラック、内装はインテグラル・ヴィンテージ・レザーです。ペルラネラとは、黒真珠の事らしいです。

第一印象は、最近Webやカタログ・雑誌等を穴が開くほど見ているので『スッゲー』という程でも無かったですが、想像通りのカッコ良さです。どちらかと言うと、クローズ時の方がカッコ良さが増している気がしますが、インテリアも凄く良いので、合せ技でオープンの方が勝ちですかね?

a0038269_202363.jpgこのヴィンテージ・レザーは、写真では表現しきれませんが、赤みがかった深い茶色で、絶妙な色合いです。308ハッチバックでは、ハンドルの黒が浮いてる感じがしましたが、CCではセンターコンソールが黒くなり、またアームレストがシートと同じ色になったので、まとまり感が向上しました。ハンドルは、下部が平らなCC専用です。遮音性もバッチリで、屋根を閉めると驚くほど静かです。アームレスト下の収納はソコソコの大きさで、グローブボックスの狭さをカバーしてくれそうですが、代りにドリンクホルダーはありません。

a0038269_20403921.jpgリアは、おなじみLEDテールランプですが、ウィンカーもLEDになっています。トランクはそんなに広くなった感じはしませんが、サイドポケットがあり、床下にも収納スペースがあるので、使い勝手は向上しています。日本では、ナンバープレートの下端が銀色のモールにかかってしまうのが残念です。タイヤは、展示車はContiSportContact3というコンチの最上級スポーツを履いていました。

全体の印象をひとことで表すと、『ヤバイ』ですかね?(笑)
[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-30 20:48 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)
308CC in ディーラースタッフブログ
5月14日と15日に、プジョーディーラーの営業向けに308CCのセールストレーニングが開かれています。各地のディーラースタッフブログにその模様が掲載されているので集めてみました。営業さんが書いているので当たり前に良い事しか書いてないのですが、308CCへの期待感と手応えは充分に伝わってきます。

えっ!今年300台だけですかっ・・・ by プジョー盛岡
308CC!! by プジョー山形
もうすぐ発売・・・308CC by プジョーつくば
追加します・・・308CC by プジョーつくば
☆最近のプジョー船橋⑳☆ by プジョー船橋
Coming Soon 308CC by プジョー習志野
プジョー308CC 試乗レポート by プジョー中央
行ってきました!!研修に!! ~猪股偏~ by プジョー中央
待望の 308CC DEBUT !! by プジョー世田谷
308CCデビュー! by プジョー目白
308CC研修愉しみました by プジョー豊玉
308CC乗っちゃいました~ by プジョー足立
「308 CC」 in KARUIZAWA by プジョー新横浜
""308CC"" COMING SOON !!!! by プジョー横浜港南
308CC!!お伝えしきれません。 by プジョー横浜港北
軽井沢 by プジョー岐阜
308Coupe & 308Cabriolet by プジョー静岡
待望の308CCとのご対面!! by プジョー浜松
名古屋最速!「308CC」速報!・・・とりあえず編 by プジョー中川
早くも2回目登場!New 「308 CC」詳細情報・・・① by プジョー中川
早くも3回目登場!最もわかりやすいNew 「308 CC」詳細情報・・・② by プジョー中川
4度目登場!最もわかりやすいNew 「308 CC」詳細情報・・・新色編 by プジョー中川
308CC Sales Training by プジョー名東
308 オープンカーに思うこと by プジョー豊橋
20秒の快感! by プジョー中大阪
308CCデビュー!!! by プジョー東灘
308CC in 軽井沢 by プジョー福山
Peugeot 308CC in 軽井沢 by プジョー松山
Peugeot 308 CC 走行会 in 軽井沢 Vol.1 by プジョー長崎
Peugeot 308 CC 走行会 in 軽井沢 Vol.2 by プジョー長崎
[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-26 22:47 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
ライバルと、比較してみる
308CCのライバルは、フォルクスワーゲンEOSレクサスIS250Cです。同じジャンルには、BMW 335i カブリオレルノー メガーヌGCなどもありますが、価格帯が違うので直接は比較されないと思います。

そこで、308CCとEOSとIS-Cで主要諸元を比較してみましたが、意外な事実が見つかりました。

まずボディーサイズですが、308CCが一番デカイと思っていたのですが、全長はIS-Cの方が180mmも長いです。また、車幅は308CCが一番広いですが、トレッドは一番狭いです。ウチの駐車場は機械式なので、車軸の幅も結構重要なポイントだったりします。見た目は、タイヤが張り出している方がカッコ良いですが...。

一番意外だったのが、最大トルクが308CCとIS-Cとではそれほど変わらないという事です。IS-Cはかなり重いので、トルクウェイトレシオは何と、308CCの方がIS-Cより僅かながら小さいのです。しかも、308のエンジンは1,400rpm~3,500rpmの間で最大値を発生する、スーパーフラットなトルク特性です。もしかして、IS-Cより308CCの方が速かったりして?!(ATがショボイので、それは無いか...。) 308CC、意外と良いかも?

↓ クリックして拡大 ↓
a0038269_155268.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-25 22:41 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(0)
ディーラーめぐり
この週末は、フォルクスワーゲン、レクサス、アルファロメオ、プジョーのディーラーに行きました。
お目当ては、EOSIS250CMiTo、そしてペリエと昆布茶(笑)です。

EOSはモーターショー等でも見ているので、コレと言ってトピックは無いのですが、後席は屋根の収納の影響で幅がとても狭いです。大人二人が乗ると、まさに肩身の狭い思いをすると思います。ディーラーもあまり売る気がないのか、シロッコや新型ゴルフをしきりに薦めてきました。展示車は屋根の開閉も出来ずに、売りの一つであるガラスルーフを体感することはできませんでした。驚いたのは、夜に帰宅するとポストに封筒が入っていて(営業さんが自分で届けに来たらしい)、お礼とその場で答えられなかった質問への回答が書かれていました。さすが、日本に根付いたメーカーは営業も日本的ですね。

レクサスには初めて足を踏み入れましたが、身分不相応なホテルに泊まっちまった時のフロントみたいで、私には居心地が悪かったです。IS250Cは、ショールームではなく、納車時のセレモニーに使われるという噂のガラス張りのガレージに置いてありました。フロント周りはセダンの流用感は無く、ダイナミックで迫力のあるデザインです。でも、リア周りはトヨタのオヤジセダン風で、かなり微妙。正直、普通のISの方が若々しくてカッコ良いと思います。屋根の開閉はエンジンをかけないと出来ないのか、わざわざガレージのシャッターを開けてエンジンかけました。エンジンボタンを押すと、メーターがグルンと回ってハンドルが降りてくるあたり、スッゲーと声を出しちゃいそうになりました。こういうところは国産車は上手いですね。屋根を閉めると相当窮屈で、特に後席は普通に座ってても頭がピラーにぶつかります。リアウィンドウやリアサイドウィンドウも極小で、閉塞感満点です。307CCのパッケージングの素晴らしさを思い知りました。
『コレって、今注文するといつ頃納車ですか?』と聞くと、『ご存じだとは思いますが、レクサスは全車受注生産ですので、ご発注いただいてから2~3ヶ月後の納車となります。』って、知らねーよ、そんなこと! なんか、欲しけりゃ売ってやってもいい的な感じでした。オーナーになると態度が変わるのかも知れませんが...。

MiToは、もう少しキュートなイメージかと思っていましたが、実物はかなりカッコ良いです。インテリアもなかなかの質感。興味がある人は、是非見に行きましょう。206にコンパクトな上質を求めていた人には、お勧めだと思います。残念なのは、大型サンルーフが(現時点では)日本に導入されない事です。来年導入と言われているツインクラッチも正式決定では無いらしく、セレスピードになる可能性もあるそうです。

で、ペリエ...じゃなくて308CCは新たな情報は特に無し。来週末には展示車は見れるけど、試乗車は6月1日以降になるかも?とのことでした。
[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-24 20:56 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
本日までの総走行距離
76,580km
[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-24 19:58 | 走行距離 | Trackback | Comments(0)
主要諸元も、比較してみる
308CCと307CCの主要諸元を比較してみました。307CCは、後期型2.0(4AT)のデータです。

プラットフォームが同じなので、ホイールベースは一緒です。意外にもリアのトレッドは狭くなっているのですね。パワーウェイトレシオは約6%上がり(つまり性能低下)、トルクウェイトレシオは約12%下がっています(つまり性能向上)。変速比は、最終減速比が変わっているので分りにくいですが、4速ともほぼ同じです。

↓ クリックして拡大 ↓
a0038269_5341287.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-20 22:47 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
いちおう、比較してみる
308CCの全貌が見えてきたので、私の307CC(前期型・ベースモデル)と308CC Griffeを比較してみました。

a0038269_208416.jpg変わらない欠点
 ・ATが4速
 ・ワイパーが逆
 ・グローブボックスが狭い

悪くなったところ
 ・デカい
 ・重い
 ・高い
 ・ドリンクホルダーが無い

良くなったところ...
[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-19 20:09 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
308CC試乗レポート
皆様ご存じの通り、ついに308CCが国内発表されました。
早くも試乗レポート等がWebに出回りはじめましたが、おおむね好評のようですね...AT以外は...。

プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】 by web CG

プジョー 308CC 試乗レポート by Autoc one

プジョー 308CC 試乗レポート 画像ギャラリー by Autoc one

プジョー308CC 試乗レポート by Searchina

プジョー308CC 試乗レポート(2) by Searchina

プジョー「308CC」を発表 by Car@nifty
[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-18 21:42 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
那須塩原温泉ツーリング
最近、伊豆ばかり行っているので、今回は趣向を変えて栃木県は那須塩原市に行ってきました。こないだ別府に行ったばかりというご指摘もあるかと思いますが、アレは突発的な事故なので...。(意味不明)

まずは、湾岸線から東北道を経由して日光まで行き、霧降高原に行きました。霧降高原は名前の通り凄い霧で、酷い時はセンターラインが何とか見えるくらいの視界でした。大笹牧場レストハウスヤマメの塩焼きを食べて、日塩もみじライン経由で、那須塩原に向かいます。

今回の宿は、湯ったりの宿松楓楼松屋です。部屋の正面は渓流を挟んで緑に覆われた絶壁になっていて、窓からは川と森しか見えないという素晴らしい眺めでした。部屋もサービスも満点で、紅葉の時期にもう一度泊まってみたいです。料理はソコソコでしたが、珍しいイワナのお造りが食べられました。

帰りは、渓谷沿いに下って西那須野塩原ICから東北道から湾岸で戻り、野暮用でディーラーに寄ってから帰宅しました。

2日間の走行距離は549km。下田よりかなり遠いイメージでしたが、ずっと高速で行けるので、意外とお手軽なエリアに思えてきました。
a0038269_22221982.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2009-05-17 22:22 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。