なかがわの愛車『プジョー308CC』のドライブ・メンテナンス・モディファイ等を中心に、日常の出来事を綴った日記です。
カテゴリ : 全体独り言ドライブメンテモディその他携帯○最高△微妙×駄目WRCTOP画像
<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
高速1000円結果
忘れた頃ですが、別府温泉1泊4日ツーリングのETC請求が来ました。

事故で強制的に降ろされた横浜青葉‐別府間は、ちゃんと救済されて2,400円でした。(横浜と大阪の大都市圏を含むため、1,000円ではない。) 横浜‐富士間と、清水‐別府間の内訳は、かなりいい加減な割り振りのような気もしますが...。
一方、途中で名古屋高速に迷い込んでしまった帰りの別府‐八王子間は、14,450円もかかってしまいました。広島県警の怨念かな?(笑)
a0038269_23313011.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-29 23:31 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
Audi ECO Driving
FFEをすっぽかして、Audi ECO Drivingというイベントに参加してきました。

イベントの内容は、事前ドライブ→エコ講習(座学)→事後ドライブという形で、座学で学んだエコドライブの知識を一般公道で実践して効果を実感する、というものです。ちなみに私の燃費は、講習前は6.8km/l、講習後は7.2km/lでした。
エコドライブなので講習車はA3オンリーかと思いきや、TT、TTS、A4、A5、Q5と結構なラインナップです。私は、TT2.0クワトロに当たりました。また私の担当インストラクターは、マスコミなどでも活躍されている飯田裕子さんでした。飯田さんは、プジョーはデザインが良いですよねぇ~。でも、ATがねぇ...と言ってました。(笑)

まぁ、半分はAudiの宣伝みたいなモノですが、こういうイベントの有無にインポーターの姿勢を感じますね。
a0038269_22445459.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-27 22:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)
今更ながら、ご報告
気づいていた方も多いとは思いますが、308CCを買っちゃいました。クルマ本体は展示車と同時にディーラーに届いていたのですが、純正ナビの手配に時間がかかり、6月20日に納車となりました。

5年で7万km以上を走った307CCですが、残念ながら車検を通すには色々と問題があり、手放すことを前提に次の候補を検討していました。

で、第一候補の308CCで何とか納得できる条件を引き出せたので、その場で注文してしまいました。

ちなみに、307CCのプジョーでの下取り査定は20万円と絶望的な金額でした。念のためガリバーに持っていくと、やはり25万円との事。そこで、プジョーからの条件に相当する金額なら売りますと交渉すると、1時間くらい色々調整してくれて、そこまで上げてもらいました。307CCのように見た目キャッチーなクルマは、赤字覚悟でも買う事があるそうです。(実際には儲けは出てるんでしょうけどね...) とりあえず、下取り査定はガリバーにも出してみることをお勧めします。横浜の人は、港北中央店に行ってみましょう。
でもって、プジョーには下取りはガリバーに出す事を告げて、もっと頑張ってもらいました。(ヒドイ客だ...)
a0038269_21524327.jpg

[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-23 21:54 | ひとりごと | Trackback | Comments(17)
真珠道路ツーリング
久しぶりにパールロードに行ってきました。この時期はオフシーズンなので、ビーチリゾートも普段より安く泊まれるみたいです。今回は天気が微妙でしたが、やっぱりこの道は素敵です。帰りは、伊勢志摩スカイラインを通ってから、松阪牛しました。(笑) 2日間の走行距離は、1,017kmでした。
a0038269_225688.jpg
他に何か書くことあるだろって? まぁ、それは追々...。
[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-21 22:07 | ドライブ | Trackback | Comments(12)
本日までの総走行距離
76,580 + 1,084km
[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-21 21:47 | 走行距離 | Trackback | Comments(0)
3度目の正直
プジョーがルマンで優勝しました。しかも、3位のアウディに大差をつけての、ワン・ツーフィニッシュです。
過去2年は予選では強かったのですが、信頼性もアップしたみたいですね。この信頼性を市販車にも...、
って、最近のプジョーはそんなに壊れないですけどね...。
a0038269_22454138.jpg
photo by www.lemans.org

[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-14 22:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
308CC 売れてるらしい
お世話になっているディーラーでは、既に5台売れたそうです。
プジョーのディーラーは全国で80箇所くらいあるので、平均5台とすると400台! まぁ、平均5台という事も無いでしょうが、日本への年内割当ての300台はそろそろ終わりかも知れませんね。

意外と良い条件が出ているとも聞きますが、台数が少ない中でそこまで頑張って売る理由って何でしょうか?
...で、理由を勝手に想像してみました。

1) 100年に一度の不況説
 とにかく販売台数が少ないので、とりあえず売れるものは何でも売っておこう、という説。

2) ディーラーによる争奪説
 年内300台と決まっているので、ディーラー間の争奪戦が始まっている、という説。

3) 300台を増やしてもらおう説
 ジャンプスタートする事で、フランス本国に日本への割当て数を増やしてもらおう、という説。

4) 6AT間近説
 本国で6ATが発表されてしまう前に、割当て済みの4ATを売り切ってしまおう、という説。

う~ん、何となく4が怪しい...。
[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-13 20:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)
308CC試乗
高価なプレゼントがもらえるという噂もあり(笑)、担当営業氏もしつこく電話してくるので、4週連続でプジョーのディーラーに行ってきました。折角なので、308CCの試乗もしてみました。(スミマセン、写真無しです。)

試乗車は、シャーク・グレーの308CC Premium(←まついさん撮影)です。この色も、捨て難いですね。

まず、展示車でも気になっていたのですが、屋根(フロントウィンドウの後端)が低いです。307CCに慣れている私は、頭をぶつけそうになりました。このため、運転中に少しだけ空が視界に入ってきます。307CCでは、空は全く見えなかったので、良い事だと思います。しかも、風の巻き込みも少ない感じで、とても快適なキャビンになりました。話題のネックウォーマーはチョットうるさいですが、オープンの時しか使わないので、音は問題無いかも知れません。ハンドルやサイドブレーキは統一された質感でポイント高いですが、その分ATセレクターレバーが206の時から同じというのが、ガッカリです。

走りだすと、出足が良い、コーナーも軽快、ブレーキも効く、という感じで、307CCより小さい車に乗っている錯覚に陥ります。コーナリング限界は17インチのRE050を履いた307CCよりは低い気がしますが、Griffeなら問題ないと思います。エンジンは、低速はバッチリですが、回しても面白くありません。良くなったと評判のATは、確かにシフトショックは少なくなっていますが、マニュアルモードの振る舞いが(良い/悪いではなく)なんか変な感じがしました。これは、最後まで性格を掴み切れなかったので、次回の宿題です。(来週も行くのかっ?)

というわけで、乗ってみてネガティブな印象は無し。いよいよ、来週か再来週くらいには...どうなる?!
[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-07 19:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(15)
308CCのステアリングリモコンについて訂正
前の記事で『ルーフ開閉システムと干渉する可能性があるので、CCには付けられません』と書きましたが、私の誤解があったようです。

正確には『オープン時にステアリングリモコンが動作しない事があるので、CCには付けられません』との事です。そんな事は、CCオーナーなら誰でも知ってますから...。

それでも良いから欲しい、というユーザーの声は無視ですかね?
[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-07 18:39 | ココが駄目! | Trackback | Comments(5)
308CCの欠陥
308CCには必要な装備はほとんど標準で付いていて、オプションで選ばなければいけないのはカーナビとETCくらいだと思います。

308シリーズの純正ナビは事実上1機種に限定されていて、ステアリングリモコンの有/無が選べるだけです。ところが何と、308CCではステアリングリモコン付きが選べません。プジョー・シトロエン・ジャポンの回答は『ルーフ開閉システムと干渉する可能性があるので、CCには付けられません』とのことです。まったくもう、理解不能です。このクラスのクルマで、ステアリングリモコンが無いなんて有り得ません。一体、何を考えているんでしょうね?プジョー・シトロエン・ジャポンは...。

そもそも、4ATやワイパーやグローブボックスといった307時代から日本で言われ続けている不具合をプジョー・ジャポンは放置し続けて、308になっても何も改良されていません。ヒューズボックスの位置を変えるのは、そんなに大変ですか? シトロエンではバタフライ式ワイパーの左右を入れ替えている車種も有りますよね? 何故、308になる時に直してもらわないのですか? これは、『欠点』じゃなく『欠陥』ですよ。

308CCは、プジョー本国チームの地道な改良でとても素晴らしい車に仕上がってきたと思います。ところがそれを、日本のインポーターが台無しにしているのです。

プジョー・シトロエン・ジャポンさん、お願いです、いっぺん潰れてください。
[PR]
by peugeot307cc | 2009-06-04 21:34 | ココが駄目! | Trackback | Comments(8)
プジョー307+1CCドライブ日記
Copyright(c) 2004-2011 Ryujiro Nakagawa.

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。